Welcom to our archive

Our Archive

アカウントについて

アカウントの開設方法を教えてください。

Googleアカウントで認証します。 firmeeはセキュリティの観点からGoogle認証を用いています。firmeeにはお客様のパスワードを保存せず、Google経由で本人確認を行っています。 サインアップボタンをクリックするとgmailアドレスを登録するページにジャンプします。 ご希望のアカウントを選択すると、登録アドレスに確認メールが送られます。確認ボタンをクリックするとfirmeeの利用を開始できます。

アカウントについて

関与秘書とはなんですか。

情報を共有する秘書アカウントです。 特定の事件の詳細ページ→「編集」→「秘書」項目に候補の秘書アカウントが表示されます。候補の秘書アカウントは、事件に関与する弁護士を担当する秘書アカウントです。 事務所アカウントの場合には、事務所に所属するすべての秘書アカウントが表示されます。 登録された秘書は、関与弁護士と同様に事件情報を管理・共有できます。 なお、関与秘書として登録されなければ事件情報にアクセスできませんのでご注意ください。

アカウントについて

関与弁護士とはなんですか。

情報を共有する弁護士アカウントです。 特定の事件の詳細ページ→「関与弁護士を追加」から登録できます。 事前に弁護士アカウントとして登録する必要がありますので、まずは追加される弁護士がサインアップをしてください。 主任弁護士が関与弁護士を追加すると、関与弁護士の登録アドレスに確認メールが送られます。そちらをクリックすると作業が完了します。 登録された弁護士は、実費や預り金、相手方や裁判所の情報、期日や宿題などに関する情報を管理・共有できます。 関与弁護士も自由に情報をアップデートすることが可能です。 なお、共有された事件の依頼者に関する情報も共有されますのでご注意ください。

アカウントについて

ログイン用アドレスを変更できますか

できます。 ログイン用Googleアカウントの変更をご希望の場合、新しく利用を希望するGoogleアカウントでfirmeeの無料アカウントを新規に作成し、support@firmee.comまで、新旧それぞれのメールアドレスをご連絡ください。 弊社開発においてご連絡から一両日中にデータ移行をいたします。

アカウントについて

秘書にも利用させたいのですが、Googleのアカウント情報を共有するのは抵抗があります。

秘書アカウントをお使いください。 トップページ右上の設定ボタン→「プロフィール」→「秘書の追加」から、秘書アカウントを追加できます。 秘書アカウントは弁護士アカウントと同じ機能を有しており、入力した情報は担当する弁護士アカウントにも反映されます。 ただし、事務所アカウントを開設した場合は異なりますのでご注意ください(後述)。