firmeeについて

弁護士事件管理サービス | firmee (ファーミー) > firmeeについて

最終更新日 2019年1月2日

firmee(ファーミー)は日本初のオンライン弁護士事件管理サービスです。
クラウドシステムを採用しており、事件管理に必要な作業をウェブ経由でいつでもどこでも実現いただけます。

代表挨拶

firmeeは2016年末に生まれました。代表の井桁が、米国でクラウド型の法律事務所支援サービスが普及しており、 業務効率向上に大きく貢献する様子を目の当たりにしたことがきっかけです。 弁護士業務に特化した数十のソフトがリリースされ、多くの弁護士が事務労力を軽減し、人生に新たな時間を生み出していました。

いくつかのソフトについて日本仕様にして導入できないか検討しましたが、実務や慣習の違いなどから、米国のシステムをそのまま導入するのは難しいことがわかりました。
そこで、米系IT会社に所属する友人の小川が出張でカリフォルニアを訪れた際、日本でも弁護士向けに特化したウェブシステムの可能性について相談したところ、 「それなら自分達が作れば良い」と背中を押してくれました。

それから二人三脚での開発が始まりました。半年後の2017年5月下旬、限定無料版を公開し、その後いくつかの改良や新機能の追加を経て、 2017年8月、正式リリースに至りました。

firmeeの目標は弁護士事件管理にかかる労力を軽減することです。firmeeが広く普及することで、煩雑な日本の事件管理の効率化を目指しています。 その結果、弁護士の皆様が、家庭や趣味、他の有益な実務に費やせる時間が増え、社会がもっと豊かになることを願っています。

そのために必要な機能はクイックに実装していきます。クラウドサービスの特性を活かし、新たな機能をスピード感を持って導入し、お客さまの声を大切にし、 使いやすいサービスに進化させていきたいと考えています。

機能やサービスについての、ご意見・ご要望がございましたら、こちら(service@firmee.com)までお気軽にご連絡くださいませ。

firmeeは、これからのすべての法律事務所にとって不可欠の存在となることを目指して、日々改善に努めてまいります。
ご愛顧のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

運営体制

firmeeは経営チームと開発チームを完全に分離しています。経営チームの代表は井桁で、開発チームの代表は小川です。 井桁が所属する法律事務所は本サービスの開発・運営には一切関与していません。

両チームの間には厳重なファイアウォールを設置しています。経営チームがサービス内に入力された皆様の生情報に接することはありません。

当然経営チームの弁護士や社員が所属する法律事務所などの組織も同様です。詳細はプライバシーポリシーやセキュリティポリシーをご覧ください。

会社概要

商号 合同会社firmee(英語表記:firmee LLC)
設立 2017年9月8日
代表社員 井桁大介(弁護士・第二東京弁護士会所属)
主な事業内容 弁護士用クラウド型事務管理サービスfirmeeの運用管理
連絡 info@firmee.com